STAD言語障害スクリーニング スクリーニングに苦慮するすべての言語聴覚士へ

初診のスクリーニングに悩みを抱える言語聴覚士に、緊急案内!


脳損傷例の言語障害スクリーニングにおいては、

「学校や施設によっても、人によってバラバラで、何が良いのかも分からない・・・。」

かつての私自身も含めて、初診に苦慮するビギナーSTが少なくありません。

 

そこで、これまで私は、言語聴覚士の初診時評価に必要と言われている

「失語症」「構音障害」「その他の高次脳機能障害」を簡易に評価する

言語障害スクリーニングテスト(STAD)を開発し、

これの研究に14年を捧げて参りました。

 

今回は、STADの臨床応用について、とりわけ、

「スクリーニングに悩みを抱えるビギナー言語聴覚士」

に向けたセミナーを提案致します。

「初診で何をみたらいいのか?その次につなげていくにはどうしたらいいのか?と悩んでいましたが、STADは経験に左右されず、新人でも分かりやすく、思い悩んでいた事が一つ一つ解消されていく気がしました。」(言語聴覚士1年目YK様)

☆第二回言語聴覚研究優秀論文賞受賞(2011)

☆第21回脳機能とリハビリテーション研究会優秀発表賞受賞(2014)

☆ASHA学会発表(2014)

 

実際のSTAD開発者によるセミナーです。

是非この機会に、基礎から固め直しましょう。

 

ただし、私は今後、STAD海外展開に向けた開発に注力しますので、

このように私自身が日本で開催する機会は何度もございません。

 

今年は最後となる本セミナー

初診に悩みを抱えるビギナー言語聴覚士に

取り急ぎご案内申し上げます。

 

会場:新大阪 JR新幹線「新大阪駅」徒歩2分

日時:2017年5月14日(日)

定員:18名

 

会場:銀座 「銀座駅」徒歩7分

日時:2017年5月21日(日)

定員:18名

 

 

それから、もし同僚やお知り合いの言語聴覚士に

スクリーニングで悩みを抱える方がいらしたら、

ご案内頂けますと幸いです。

 

なお、過去に開催した際には、ご用意した多くの席が、

募集を開始して「1ヶ月」で満席となった人気の企画です。

 

現在、事前申し込みと併せて、既に13名の参加申請を頂いています。

ご希望の方には、お早めにお申し込み下さい。

 

■ 追伸
思えばこれは、新人の当時、私が知りたかった初診の全てについて、
15年の、臨床と研究の集大成、知識と技術とエネルギーの全てを詰め込んだセミナーです。
私の、ささやかな言葉にでも、自分を奮い立たせて、
真摯に言語聴覚療法に向かって欲しいと願っています。

 

 

 

千葉大学大学院医学薬学

Ark Medical Support

 荒木謙太郎拝 

荒木氏インタビュー絶賛掲載中

荒木謙太郎氏インタビュー

Facebook

主な履歴

2016年6月

STADセミナー全国開催

 東京:6月26日

 被災地支援セミナー

 熊本:6月19日

 大阪:6月12日

 

2016年3月27日

STADセミナーⅡ(東京)開催

 

2016年2月21日

STADセミナー開催

東京国際フォーラム

 

2016年10月25日

STADセミナー開催

 

2015年8月8日

第18回認知神経心理研究会発表「A study of the ScreeningTest for Aphasia and Dysarthria(STAD)

 

2015年6月7日

母校のニュースレター執筆

「未来の言語聴覚士へ」

 

2015年4月30日

招待講演:第22回脳機能とリハビリテーション研究会「標準失語症検査(SLTA)の基礎と実践」

 

2015年3月25日

千葉大学大学院(修士課程)卒業

 

2014年11月22日

 

ASHA学会(フロリダ)発表

ASHA学会発表

2014年8月24日

第17回認知神経心理研究会発表(岡山)

 

2014年4月20日

第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会「優秀発表賞受賞」

 

2013年3月10日

STADホームページ開設