STAD言語障害スクリーニング スクリーニングに苦慮するすべての言語聴覚士へ

言語聴覚士が「STAD」を選ぶ5つの理由

ビギナーをサポート

初めて使う人でも分かり易く、施行/採点マニュアルもあります。

また、切り貼りして、自分なりに作るような「手間」をカットします。

ビギナーにとっては、慣れてしまえば、なくてはならないものとなるでしょう。

10分で言語障害を簡易に評価

STADは現場の臨床から生まれました。

急性期病院・回復期・慢性期の累計800症例以上の経験を通し、使いやすさにこだわって創りました。STADは、どこかの偉い先生が、研究室や実験室で作成したものではありません。

だからこそ、現場の感覚に沿うような、今の時勢を踏まえたものです。

A4一枚コンパクト、忙しい あなたの 臨床の即戦力となります。

スクリーニングを科学する

STAD完成に至るまでには、過去5回の学会発表を通して定量的な分析が行われ、より質の高い設問が厳選されています。そして研究成果は、2009年「優秀論文賞」受賞、2014年、「優秀発表賞」受賞。2014年11月にはアメリカ(ASHA)で学会発表、国内で最高峰の分析・精度をほこる言語障害スクリーニングです。

第2回言語聴覚研究優秀論文賞
第21回脳機能とリハビリテーション研究会優秀発表症

配布実績700名以上

STADホームページを通して、全国の700名の言語聴覚士に配布。言語障害スクリーニングの分野において国内最大級の規模です。「STADさまさまやでー!」「よかですー!」と嬉しい声を頂きますが、そのスケールメリットは少なくありません。

STAD活用ノウハウの提供

全国でSTADセミナーを行っています。

  • 2016年6月26日:東京八重洲(満員御礼)
  • 2016年6月19日:熊本保健科学大学(満員御礼)
  • 2016年6月12日:新大阪
  • 2015年2月21日:東京国際フォーラム(満員御礼)
  • 2015年10月25日:東京八重洲(満員御礼)

参加者計 205

荒木氏インタビュー絶賛掲載中

荒木謙太郎氏インタビュー

Facebook

主な履歴

2016年6月

STADセミナー全国開催

 東京:6月26日

 被災地支援セミナー

 熊本:6月19日

 大阪:6月12日

 

2016年3月27日

STADセミナーⅡ(東京)開催

 

2016年2月21日

STADセミナー開催

東京国際フォーラム

 

2016年10月25日

STADセミナー開催

 

2015年8月8日

第18回認知神経心理研究会発表「A study of the ScreeningTest for Aphasia and Dysarthria(STAD)

 

2015年6月7日

母校のニュースレター執筆

「未来の言語聴覚士へ」

 

2015年4月30日

招待講演:第22回脳機能とリハビリテーション研究会「標準失語症検査(SLTA)の基礎と実践」

 

2015年3月25日

千葉大学大学院(修士課程)卒業

 

2014年11月22日

 

ASHA学会(フロリダ)発表

ASHA学会発表

2014年8月24日

第17回認知神経心理研究会発表(岡山)

 

2014年4月20日

第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会「優秀発表賞受賞」

 

2013年3月10日

STADホームページ開設