STAD言語障害スクリーニング スクリーニングに苦慮するすべての言語聴覚士へ

「言語聴覚士の臨床研究」


Excellデータ管理の基礎

STADの素点「パスワードは、”araki” を二回です」
STAD-sample2.xlsx
Microsoft Excel 17.0 KB

とりわけ、ピポットテーブルは上級者用です。

 

慣れない方には難解かもしれません。

 

しかし、エクセルを充分使いこなせれば

 

優秀論文賞につながる分析だって行うことができます。

 

コツコツやれば確実に身に付くものです。

 

代表:荒木謙太郎

 

※ Macでは操作が異なるか、あるいはバージョンによってはそもそもピボットグラフが入っていない場合もあるようです。ご了承下さい。

荒木氏インタビュー絶賛掲載中

荒木謙太郎氏インタビュー

Facebook

主な履歴

2016年6月

STADセミナー全国開催

 東京:6月26日

 被災地支援セミナー

 熊本:6月19日

 大阪:6月12日

 

2016年3月27日

STADセミナーⅡ(東京)開催

 

2016年2月21日

STADセミナー開催

東京国際フォーラム

 

2016年10月25日

STADセミナー開催

 

2015年8月8日

第18回認知神経心理研究会発表「A study of the ScreeningTest for Aphasia and Dysarthria(STAD)

 

2015年6月7日

母校のニュースレター執筆

「未来の言語聴覚士へ」

 

2015年4月30日

招待講演:第22回脳機能とリハビリテーション研究会「標準失語症検査(SLTA)の基礎と実践」

 

2015年3月25日

千葉大学大学院(修士課程)卒業

 

2014年11月22日

 

ASHA学会(フロリダ)発表

ASHA学会発表

2014年8月24日

第17回認知神経心理研究会発表(岡山)

 

2014年4月20日

第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会「優秀発表賞受賞」

 

2013年3月10日

STADホームページ開設