STAD言語障害スクリーニング スクリーニングに苦慮するすべての言語聴覚士へ

STADユーザーの声(2013)

言語聴覚士 HY様(愛媛県) 12月15日

患者さんの初期評価が適切に行えているかどうかで悩んでいた。インターネットをきっかけにスクリーニング検査を知り問い合わせた。言語・構音・非言語の項目が一つの検査にまとまっていてよい。

言語聴覚士 松井寛様(島根県) 10月8日

急性期で症状が一日ごとに変化する患者様において、どのような項目でスクリーニングをすれば良いかが具体的に分かりませんでした。以前言語聴覚研究でSTADの開発を知りましたが、当時はネット検索でも出てこなかったのでそれ以上具体的に知ることができませんでした。先生のホームページができてからは問い合わせができるようになりました。STADを実際にはまだ実施できておりませんが、対象患者様がいらっしゃれば実施したいと思います。

言語聴覚士 教員 9月26日

学生指導において見本となる言語面のスクリーニング検査を探していた。余計な項目がなく、すっきりとして扱いやすいと思いました。

言語聴覚士 ST様(福岡) 9月26日

前病院からの診療情報提供者で“STAD”の略語がわからず検索しました。以前、言語聴覚研究で読ませて頂いたことはあります。当院では、重症者や嚥下障害者が多いこともあり活用はしにくいと感じましたが、新人のSTはマニュアルもついており、とても参考になるのではないかと思いました。

言語聴覚士 KY様(北海道) 8月22日

他にスクリーニング検査のいいものがない。オリジナルのものを使っていたが、きちんとしたものでやりたかった。STADは使いやすいです。

言語聴覚士 濵屋裕菜様(宮崎) 8月4日

構音面、言語面、その他高次脳機能面を同時に診ることができるスクリーニング検査で、標準化されたものがなく、自身で作成しなければなりませんでした。また、自身で作成した検査では解釈が適切にできているかを判断することが難しかったです。STADは学会で発表され、『言語聴覚研究』にも掲載されていたので信頼性があるものと考え問い合わせました。スクリーニング検査として大変有用で、今後も活用させていただきたいです。

言語聴覚士 渋谷理恵様(東京) 7月23日

簡単に使用でき、解釈もしやすい。次の評価につなげやすい。

言語聴覚士 TM様(佐賀) 7月1日

他病院からの添書にSTADの評価が記入されていたことをきっかけにSTADを知りました。STADはベッドサイドで使用しましたが、必要物品が少なく、内容もシンプルだったので非常に実施しやすかったです。また、短時間で測定できるのも魅力的でした。

言語聴覚士 SH様(東海) 7月1日

項目はシンプルですが網羅的であり、初級者の場合はこれを繰り返し行うことで得点として算出されない質的な部分の評価もできるようになるのではないかと感じました。また、STのいない施設のスタッフがHDS-Rのように実施できる可能性もあると思います。

言語聴覚士 MK様(岡山) 6月19日

高次脳機能・失語症の全ての分野を網羅しており、尚且つ標準化されていたためお問い合わせさせていただきました。大変良かったです。

言語聴覚士 A様(青森) 6月2日

スクリーニング全般について悩んでおりました。毎回、有意義な情報を連絡頂き、大変嬉しく思います。STADですが、何度か抜粋して使用させて頂きました。先輩STからは嚥下の項目がないとのことで意見を頂きました。私も嚥下についての項目を追加して頂ければ良いのでは?と思いました。

作業療法士 YH様(千葉) 5月26日

スクリーニング検査を文献で調べましたが、STADのような検査は探すことができませんでした。求めていた検査方法にたどりつけたって感じです!OTでも検査しやすく、解釈も分かりやすかったです。今まで、臨床の中でも、構音障害の判定が難しかったのですが、他職種向けマニュアルが大変参考になりました。

言語聴覚士 ON様(大阪) 5月26日

事故で脳障害の救急が入ってきますと、連絡が入りPT/OT/STが独自に介入します。さて共通の言葉は、評価尺度は等が問題でした。実習生+新入職員にも初回評価の目安が必要でした。STADは、この後に何を検査すればいいか。すぐわかって便利です。新人も喜んでました。

荒木氏インタビュー絶賛掲載中

荒木謙太郎氏インタビュー

Facebook

主な履歴

2016年6月

STADセミナー全国開催

 東京:6月26日

 被災地支援セミナー

 熊本:6月19日

 大阪:6月12日

 

2016年3月27日

STADセミナーⅡ(東京)開催

 

2016年2月21日

STADセミナー開催

東京国際フォーラム

 

2016年10月25日

STADセミナー開催

 

2015年8月8日

第18回認知神経心理研究会発表「A study of the ScreeningTest for Aphasia and Dysarthria(STAD)

 

2015年6月7日

母校のニュースレター執筆

「未来の言語聴覚士へ」

 

2015年4月30日

招待講演:第22回脳機能とリハビリテーション研究会「標準失語症検査(SLTA)の基礎と実践」

 

2015年3月25日

千葉大学大学院(修士課程)卒業

 

2014年11月22日

 

ASHA学会(フロリダ)発表

ASHA学会発表

2014年8月24日

第17回認知神経心理研究会発表(岡山)

 

2014年4月20日

第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会「優秀発表賞受賞」

 

2013年3月10日

STADホームページ開設